FXトレーダーのスタイルはさまざま

FXを行うトレードのスタイルにはあらゆるタイプがあります。空いた時間を有効に、といってもスワップ金利で儲けを出す場合にはロールオーバーを行わなくてはならないなどの条件もありますから、FXでよく見られる投資スタイルを知っておきましょう。


FXを一日で決済するデイトレーダー

初心者や、副業で行う人の中で最も多いと考えられているトレード方法が、このデイトレードです。FXでは分単位、時間単位などでチャートがどんどん変化するのですが、空いている時間を一日使ってトレードをします。ただし寝ている時間には長時間、放置することとなってしまうため、寝る前などに利益などを確定させて、取引を一度終了させるというものです。


リスク管理を行って長期トレードも

数か月単位などでチャートを確認するものが、スイングトレードと呼ばれるもので、これは外貨為替チャートが大きく動くまでを1つの波とするそうです。この場合には数日、場合によっては数週間もの間、自分で為替を保有することになるので、強制ロスカットなどのリスクヘッジを行う必要性が、デイトレードよりもさらに高くなるそうです。もっと長いものは年単位などで保有しますが、長期保有の場合には、差益だけでなく、スワップ金利なども見込めるそうです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.