FXで得られる利益の種類

FXは初心者が空いている時間にトレードを行うことができる、少ない金額から投資を始めることができるという理由から、副業で始める人も多いと言われています。FXは株の投資市場と違い、24時間、バーチャルの市場が動くということもあり、時間を問わずにトレードをすすめることが可能なのも特徴なのだそうです。


FXはどんな仕組み?

FXでは外貨為替の売買が基本的な利益、損益となります。できるだけ安い値段で外貨を買い取り、高い値段で売る、この差額を利益にするのです。また大きな特徴として、売ることと買うことがセットになっているということも挙げられます。そのため購入した外貨は必ず売りますし、売ることから開始した場合には、買い戻すことで1つのトレードとなります。


金利の差で利益を出す方法

外貨の価値の差で利益を出す以外にも、スワップ金利という金利の差で利益を出す方法もあります。たとえ数分でも、取引が終わる時間に外貨を持っていると、金利が付きます。この金利は各外貨に決まっているものでペアという通貨の組み合わせを作り、その金利の違いを利益とするものです。日本時間の木曜日の朝をまたぐと、市場がお休みに入ることから、3倍になるという日もあるなどですが、金利の差が逆転すると損失となります。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.