FXで利益を生み出す2つの手段

FXで利益を生み出すには、大きく分けて2つの方法があります。
1つは、2国間の為替レートを利用して円高円安から利益を出す方法。
もう1つは、2国間の金利差を利用して利益を出す方法です。
それぞれについて解説をしていきます。


円高円安から生じる利益

FXや株というと、円高円安を思い浮かべる方がほとんどでしょう。
その仕組みはとても単純で、安いときに買い高いときに売る、です。
ある意味商売の基本ともいえるこの方法は、とてもシンプルでわかりやすいのが特徴です。
そのため、人気もあります。
ただしニュース1つで激しく変動するため、すべてを予想するのは至難の業です。


スワップポイントから生じる利益

スワップポイントとは、2国間の金利差のことです。
金利と聞くと借金というマイナスイメージが思い浮かぶかもしれませんが、為替においては金利も利益を生む元になります。
長い間、日本は0.1%などの低金利を続けているため、他国との金利差が生まれやすい環境があります。
円高円安を利用する方法と比べて、こちらは激しい変動が起こりにくいです。
そのため、初心者の方でもローリスクで始めることが出来ます。
為替そのものに慣れたいと思ったのであれば、まずはこちらの方法から始めてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.