FXはどうして24時間の取引が可能なの?

FXでは24時間為替相場が動いていることから、自分のあいた時間などをトレードに利用できると主婦なども開始しているそうです。株は時間が決まっているのに、なぜFXだけが24時間の取引ができるのかを知っていますか?時間などもトレードやスワップ金利には大きく関わるそうです。(参考サイト:FXのスワップを比較)


FXはバーチャル市場が移動する

FXでは実際に市場があるわけではありません。株などは東京証券取引所などがありますが、これを世界でバーチャルな場所に置いているのです。このバーチャル市場は時間ごとに世界各国を移動しているのです。そのため取引ができる時間が24時間となるのですが、市場によって取引を行う人の性格などもあるということが指摘されているそうです。


ニュージーランドから開始される

FXの市場はニュージーランドのウェリントン市場から開始、そこからシドニーの市場が開始され、日本に市場は日本時間の朝、8時半過ぎくらいから始まるそうです。あらゆる国で、その国の生活時間帯でも外貨は動くという特徴がありますから、市場が始まる時間、終わる時間、移動する時間などを頭に入れて、取引を行うそうです。初心者には、為替の変動にクセが少ないと言われる東京時間が向いていると言われています。

 

FXで高金利である通貨ペアを保有してスワップ狙いだ

FXは高金利通貨を保有すれば大きなメリットがあります。FXにはスワップというものがあります。このスワップは私たち投資家にとってとても嬉しい制度なのです。スワップは通貨の金利差で、その差が大きいほど私たちに利益が還元されるのです。しかもこの利益は毎日発生します。つまりFX投資家は取引しなくても毎日お金をもらうことが出来ます。その利益を少しでも多くもらうためには、高金利通貨を保有する必要があります。
高金利通貨はリスクもありますが、私はぜひ皆さんに取引してほしい通貨だと思っています。


金利が高い国の特徴とは何なのか

金利が高い国にはある特徴があります。それは発展途上国であることです。発展途上国は比較的金利を高く設定しています。その理由は世界にアピールしなければいけないからです。
例えばドルやユーロは投資家に一番取引されている通貨です。つまりドルやユーロは金利を高くしなくても、しっかりと取引してくれる投資家はたくさんいるのです。わざわざ金利を高くする理由はないという事です。
ところが南アフリカやトルコはどうでしょうか。二か国ともそこまで人気ある通貨を発行しているわけではありません。つまり金利を高くして世界各国の投資家にアピールする必要があるのです。それは投資家が自国の通貨を買ってくれると、外貨獲得につながるからです。要するに発展途上国は世界にアピールするためにも、金利を高くする必要があったという事です。


トルコ通貨は今買ってほしい通貨である。

トルコが発行している通貨は「リラ」です。実はこのリラは日本人投資家に人気がある通貨なのです。その人気の理由はやはり高金利であるからです。リラの金利は13パーセントとても高い数字です。日本が3パーセントと言われているので、リラはいかに高いか分かるでしょう。
ではそんなトルコ経済を支えている要因は何でしょうか。トルコは鉱山資源が豊富です。ボロンやボーキサイトという珍しい鉱山資源もあり、その他の銀、鉛、水銀などの鉱物もたくさん排出しています。トルコはアジアとヨーロッパのちょうど流通する位置に存在します。それもありトルコはアジアとヨーロッパをつなぐ貿易国でもあるのです。
またトルコはとても親日家が多い国としても有名です。そんな国の通貨をぜひ取引してみませんか?
もしあなたがスワップ狙いの投資スタイルで行くなら、このトルコ通貨はほっとくことが出来ませんよ。

FXで利益を生み出す2つの手段

FXで利益を生み出すには、大きく分けて2つの方法があります。
1つは、2国間の為替レートを利用して円高円安から利益を出す方法。
もう1つは、2国間の金利差を利用して利益を出す方法です。
それぞれについて解説をしていきます。


円高円安から生じる利益

FXや株というと、円高円安を思い浮かべる方がほとんどでしょう。
その仕組みはとても単純で、安いときに買い高いときに売る、です。
ある意味商売の基本ともいえるこの方法は、とてもシンプルでわかりやすいのが特徴です。
そのため、人気もあります。
ただしニュース1つで激しく変動するため、すべてを予想するのは至難の業です。


スワップポイントから生じる利益

スワップポイントとは、2国間の金利差のことです。
金利と聞くと借金というマイナスイメージが思い浮かぶかもしれませんが、為替においては金利も利益を生む元になります。
長い間、日本は0.1%などの低金利を続けているため、他国との金利差が生まれやすい環境があります。
円高円安を利用する方法と比べて、こちらは激しい変動が起こりにくいです。
そのため、初心者の方でもローリスクで始めることが出来ます。
為替そのものに慣れたいと思ったのであれば、まずはこちらの方法から始めてみてはいかがでしょうか。

FXの24時間取引はデメリットにもなる?

為替売買のメリットとしてよく挙がっているのは、24時間取引可能だと言う部分だと思います。
しかし、実はこの24時間取引には、大きな落とし穴があるという事を皆さんは知っていましたでしょうか?
FXは確かに好きな時にいつでも行えるから人気になっているのですが、自分が眠っている間にも動いていますから注意が必要なんです。
昨夜までは調子が良かったはずなのに、朝起きたら損失を出してしまっていた、何て言う可能性もありますので、慎重に行いましょう!


FXは専業主婦にも人気

実は近年では、会社員の他にも専業主婦にも人気なんだそうですよ。
家事の合間にFX取引をしてお小遣い稼ぎをしている主婦もいますし、少しでも余裕を持つようにと始めている人もいるのだとか。
金銭感覚の優れている人がFXに向いていると言いますから、家計を支えている主婦にはピッタリなのかもしれませんね。
ただし、はまりすぎてしまうと危険なので、余裕を持って取引を行なってもらったほうが良いです。


スワップポイントって?

取引などによく出てくる言葉がありますが、皆さんは知っているでしょうか?
スワップポイントという言葉が出てきますが、これは外貨の2通貨間の金利差の事を意味するものとなっています。
上手に売買すれば、このスワップポイントを得ることが出来るので、まずは少しずつ練習していくことをお勧めします。

FXの初心者のための口座開設の流れ

FXに興味があるけれども、どうやってはじめたらいいかよくわからないという初心者の方でもわかりやすくまとめてみました。FXをはじめるにはまず、何をしたらいいのでしょうか。


<口座開設をしよう>

初心者でもFXを始めるにはまずは口座を開設する必要があります。さまざまなFXの会社がありますので比較サイトなどを見てみるといいでしょう。そして口座が開設したら入金をします。ネットで取引をすることになりますので、ネットバンクがあると入出金はスムーズに行うことができるので、ネットバンクがない方はネットバンクの口座開設もオススメします。


<口座開設の流れ>

口座を開設する際には、まずウェブサイトに申し込みをしますが、必要事項を入力し、本人確認書類を送付する必要があります。本人確認書類はどの会社でも基本的に必要になる書類ですので準備をしておくといいでしょう。次に、口座開設までに審査があります。本人確認書類の到達後に速やかに審査が始まり最短で2〜5日ほどでログインIDが発行されます。

また口座開設には家族名義などではできない会社などもありますので、確認をきちんとする必要があります。初心者の方でも比較的口座開設は簡単ですので、FXをこれからはじめてみたいという方はまずは口座開設からはじめてみましょう。

FXは練習をしてから始めよう

FXは何も知らないまま始めても分からないことだらけなので、まずは練習をするようにしましょう。
どんな風にして練習をすればいいのかというと、デモトレードというシステムを利用すればいいんです。
デモトレードとは、本番に似ている環境で取引の練習をすることが出来るので、取引の流れがつかめます。
また、積み重ねていく内にルールをしっかり覚えることも出来るから、すごく役に立ちますし自分の成長にも繋がります。


FXの練習で失敗しても大丈夫?

FXの練習は、どんなに失敗しても大丈夫ですがそのままでいるのは意味が違ってきます。
取引で失敗をしてしまった時、どうして失敗してしまったのかなどきちんと反省しなければまったく意味がありませんからね。
きちんと反省して少しずつ改善をしていくようにして、取引を進めていければいいと思うんです。
だから、失敗してしまったとしても深く落ち込むのではなくて、前向きに考えるようにしていきましょう!


スワップって何ですか?

FXには、スプレッドやスワップ、レバレッジなどといった難しい用語が出てきます。
今言った3つは、最低限覚えておきたいと言われている用語ですから、ぜひ覚えておくようにして下さいね。
スワップと言うのは、簡単に言ってしまえば利息の事なのでそんなに難しいものではないです。
今では、用語について分かりやすく説明してくれているサイトもありますから、確認してみては?

FXトレーダーのスタイルはさまざま

FXを行うトレードのスタイルにはあらゆるタイプがあります。空いた時間を有効に、といってもスワップ金利で儲けを出す場合にはロールオーバーを行わなくてはならないなどの条件もありますから、FXでよく見られる投資スタイルを知っておきましょう。


FXを一日で決済するデイトレーダー

初心者や、副業で行う人の中で最も多いと考えられているトレード方法が、このデイトレードです。FXでは分単位、時間単位などでチャートがどんどん変化するのですが、空いている時間を一日使ってトレードをします。ただし寝ている時間には長時間、放置することとなってしまうため、寝る前などに利益などを確定させて、取引を一度終了させるというものです。


リスク管理を行って長期トレードも

数か月単位などでチャートを確認するものが、スイングトレードと呼ばれるもので、これは外貨為替チャートが大きく動くまでを1つの波とするそうです。この場合には数日、場合によっては数週間もの間、自分で為替を保有することになるので、強制ロスカットなどのリスクヘッジを行う必要性が、デイトレードよりもさらに高くなるそうです。もっと長いものは年単位などで保有しますが、長期保有の場合には、差益だけでなく、スワップ金利なども見込めるそうです。

少ない金額で始めるFXにメリットはあるの?

FXでは少ない資金で開始できるというメリットがうたわれていますが、資金が少ない状態でトレードをすることにはどんなメリットがあるかをご存知ですか?もちろん、あまりに少ない証拠金ではレバレッジを高くしなくてはならないというリスクが付きまといますから、キチンとした資金つくりは必要ですが、取引数量の最低に近いと言われる1000通貨で取引のできるトレードをご紹介します。


FXで利益を証拠金にする複利運用

FXではスワップ金利でも利益を出すことができると説明しましたが、この差益で出た利益を確定、決済することで初めて、自分の利益となります。為替は動くものですから、現時点で利益があったとしても、価値がひっくりかえればマイナスになる可能性や、利益分になる差が狭くなってしまうこともあるので、利益を確定するには決済まですすめなくてはなりません。この決済を行わずに、この利益分を証拠金に、新しく通貨ペアを購入するというものです。


通貨ペアは会社で変わるのでしっかり選ぼう

通貨ペアで金利の差益を出す場合には、ペアにできる通貨の種類はFX口座を扱う会社によって変わります。また手数料も、無料の会社や数十円かかる会社などに分かれていますから、口座選びをしっかりと行いましょう。どのようなトレードで、どのくらいの期間で利益を生みたいかを考えるといいそうです。

FXで証拠金以上の取引ができるのはなぜ?

FXでは最初に預けるお金を証拠金などと呼んでいます。これはトレードにかかるお金と別におさめるものですが、このお金以上の取引が可能となっているということから、資金が少ない人でも開始しやすい、という点で、初心者が利益を出しやすい投資と言われることもあるそうです。


FXの証拠金は担保となるお金

FXの証拠金は、最初に口座に入金する担保のような存在です。しかしFXではレバレッジ(てこ)の作用で証拠金の最大で25倍のお金を動かすことができます。この場合にはマイナスが出た場合でも25倍にはなりますが、リスクがあっても構わないという場合には、高いレバレッジにして、利益を大きく生み出すこともできるということです。その元手となるお金が証拠金です。


証拠金以上に損もする可能性はある

証拠金は担保となっていますが、証拠金以上のマイナスが絶対に出ないわけではありません。金利差益のスワップでの利益や、外貨為替の差額などあらゆる利益の取り方ができるFXですが、常に売り買いの差額という部分で利益が生まれることから、金利なども高い金利を買ってしまうとお金はけずられてしまうのです。この証拠金が足りなくなると、証拠金を追加で振り込まなくてはいけません。このメッセージを、マージンコールといい、振り込みができない場合には強制終了となるそうです。

FXで得られる利益の種類

FXは初心者が空いている時間にトレードを行うことができる、少ない金額から投資を始めることができるという理由から、副業で始める人も多いと言われています。FXは株の投資市場と違い、24時間、バーチャルの市場が動くということもあり、時間を問わずにトレードをすすめることが可能なのも特徴なのだそうです。


FXはどんな仕組み?

FXでは外貨為替の売買が基本的な利益、損益となります。できるだけ安い値段で外貨を買い取り、高い値段で売る、この差額を利益にするのです。また大きな特徴として、売ることと買うことがセットになっているということも挙げられます。そのため購入した外貨は必ず売りますし、売ることから開始した場合には、買い戻すことで1つのトレードとなります。


金利の差で利益を出す方法

外貨の価値の差で利益を出す以外にも、スワップ金利という金利の差で利益を出す方法もあります。たとえ数分でも、取引が終わる時間に外貨を持っていると、金利が付きます。この金利は各外貨に決まっているものでペアという通貨の組み合わせを作り、その金利の違いを利益とするものです。日本時間の木曜日の朝をまたぐと、市場がお休みに入ることから、3倍になるという日もあるなどですが、金利の差が逆転すると損失となります。